夢現ロケットのジャケット写真

歌詞

ちゅうぶらりん

deneb

ホコリたちが不埒な夜を描く

指でなぞる

暗号はM

路地裏のネオン

グラデーションの息

想いのままに散る

空を切り

黒を掴む

手のひらに

タラッタッタッタ

足が弧を描く

まだ見ぬ自分を

その場で象る

嘆きの迷いの果て

ちゅうぶらりん揺れて

解き放たれぬまま

踊らされ

悲しみが飛び出して

溶けるまで

囚われの身

弾いてよ

アタシを

ホコリたちのウラハラな遊び場

後に掃かれ

捨てられるまで

無味無臭のライト

惑わしのセリフ

あくびが乱れるほど

痩せた月

突き刺さる

指先に

タラッタッタッタ

生かされてる闇

トランスノイズで

ダンスタイム

たわんだ宵の果て

ちゅうぶらりん触れて

イマとユウウツが

錆び付いて

悲しみが逃げ切って

消えるまで

囚われの身

弾いてよ

アタシを

嘆き迷いの果て

ちゅうぶらりん揺れて

解き放たれぬまま

踊らされ

悲しみが飛び出して

溶けるまで

囚われの身

弾いてよ

アタシを

出口のない 快楽を…

アタシに。

  • 作曲

    橘 新二

  • 作詞

    bubbles

夢現ロケットのジャケット写真

deneb の“ちゅうぶらりん”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

denebとは、橘新二の中にある「おもちゃ箱をひっくり返したようなメロディ」を、多彩なリズム&色彩豊かな旋律で奏でるメンバー。

bubblesの暖かく見守るような真っ直ぐな歌詞が、橘の生み出す耳に残る奥ゆかしい主旋律に絡む。バンドという形式に捉われず、ひとりで弾き語り、コーラス入り弾き語り、打楽器入りアコースティック部隊…と、どんな形態にでも変身して駆けつける"戦隊モノのヒーロー"のようなバンドである。

大胆であり縫うように入る繊細なギターは、橘のおもちゃ箱を遊園地に変えてしまう魔法。メロディのジェットコースターに乗るようなベース。夢の国で

遊ぶ人間の感情を表すようなドラム。パーカッションで飛び跳ねる音符たち。
おもちゃ箱"deneb"がいざなうPOPな夢の世界へ。

deneb 3rd album 「夢現ロケット」2019.05.25 Release.

アーティスト情報

  • deneb

    広島発の8人のPOPS音楽集団。 クルーとして多数のメンバーがいる。 誰もが耳に止めてしまうキャッチ―なメロディに繊細な歌詞、他にない飽きさせないアレンジ。 ローカルCMの楽曲提供も多数。 ◎2016年度もみじ銀行のCM(カープ25年ぶりのリーグ優勝) ◎釣り具のタイム ◎ふじケア(介護) ◎サカグループ(介護) など。 広島でのローカルCMの楽曲提供も多数。 インドネシアの大塚製薬ポカリスエットCMに抜擢。 第二弾のWebCM【ONIGIRI】に起用された【360°】)も 累計視聴回数500万再生を記録。 同曲の視聴回数は1か月3万回以上再生と国を超えて大ブレイクしている。 その後Facebook記事にてインディーズバンドでは有り得ない20万いいね!を取得。 この、インドネシア・ポカリCMの件は、 テレビ、ラジオ、新聞などにも取り上げられ、注目を集めている。 広島に留まらず世界のマーケットをターゲットに絶賛活動中。

    アーティストページへ

スタジオ ゔぁいそん

"