トラックリスト

  • Play music

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

昨年リリースした1stアルバム「JAPANESE AMAPIANO」が数多くの年間ベストに選出されるなど高い評価を受けた、日本におけるアマピアノのパイオニアであるプロデューサー・audiot909の最新シングルはラッパーのONJUICYを客演に迎えた楽曲。

SkrillexやDrakeなどが積極的に自身の楽曲に取り込み、昨年リリースされたTyla「Water」が世界で爆発的に大ヒットを収めるなど、今や南アフリカ発のダンスミュージックを超えて支持されているアマピアノ。

今作はJersey ClubやJungle/Drum'n'Bassなど様々な最新ダンスミュージックを積極的に取り込んでラップするONJUICYと手を組んだ作品。アマピアノとUK Funkyを基調にしつつも、更にブレイクビーツやアンビエントの空気感を加えたビートは唯一無二だ。

2024年もaudiot909の活躍から目が離せない。

過去プレイリストイン

Wannabe

Spotify • Altar JP • 2024年2月2日 Spotify • Beats & Rhymes • 2024年2月2日 Spotify • The Pulse of J-Rap • 2024年2月10日 Spotify • +81 Connect: J-Hip Hopの「今」と「その先」 • 2024年2月2日 Spotify • Monday Spin • 2024年2月5日 Spotify • New Music Friday Dance • 2024年2月3日 Spotify • New Music Friday Japan • 2024年2月2日 Spotify • エレクトロポリス • 2024年2月2日 Spotify • Best New Music: DIGLE SOUND • 2024年2月5日

アーティスト情報

  • audiot909

    プロデューサー/DJ/ライター。 元々ハウスのDJだったが2020年から南アフリカのダンスミュージックAmapiano制作に着⼿。 2022年にラッパーのあっこゴリラを迎えてリリースしたシングル「RAT-TATTAT」は各媒体の主要プレイリストに数多く取り上げられ、世界に広がるAmapianoを取り上げたドキュメンタリー映像「Music That Moves: Amapiano」にピックアップされるなど⾃主リリースながら異例のヒットを⾶ばした。 2023年夏からはQN、CHIYORI、荘⼦itといったラッパー/シンガーとのコラボレーション楽曲を次々にリリースし、海外のAmapianoプレイリストにも楽曲が取り上げられるなど⽇本におけるAmapianoの可能性を拡張し続ける。そして同年11⽉にその活動の集⼤成としての1stフルアルバム「JAPANESE AMAPIANO THE ALBUM」を満を持してリリースした。 また並⾏してSound & Recording Magazine誌での連載や対談、現地のプロデューサーへのインタビュー、ラジオ出演など様々なメディアにてAmapianoの魅⼒を発信し続けている。

    アーティストページへ


    audiot909の他のリリース
  • ONJUICY

    アーティストページへ

Japanese Amapiano Recordings