スパイスのジャケット写真

歌詞

スパイス

satori

吐き捨てるような毎日を

飾り立てるときは来るのかな

闇雲に渡った歩道橋

行き着いた先で街を見失った

降りしきる雨に体温を奪われ

律儀な雑踏にほだされて、

終わらない不安が募り出す

寒空の下で吹き抜ける

風が色を奪うように

時が経つほど忘れることが増える

謝れるときに謝って

許せるときに許せるように

明日の朝には悪い夢が覚めるように

昨日にさよなら

浮わついたような春の日に

何も変わらぬ僕は場違い

降りしきる雨に体温を奪われ

律儀な雑踏にほだされて

終わらない不安が募り出す

いつでも寒空の下で吹き抜ける

風が色を奪うように

時がたつほど忘れることが増える

謝れるときに謝って

許せるときに許せるように

明日の朝には悪い夢が覚めるように

リズムと音程外さぬように

くだらない歌を今日も歌う。

寒空の下で吹き抜ける

風が色を奪うように

時がたつほど忘れることが増える

知らぬ間に大人になり

平気な顔をするのが多くなる

時がたつほど忘れることが増える

謝れるときに謝って

許せるときに許せるように

明日の朝には悪い夢が覚めるように

気まぐれに人を傷つけたままで

まともな明日なんて来ないだろう

  • 作曲

    satori

  • 作詞

    satori

スパイスのジャケット写真

satori の“スパイス”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

  • ⚫︎

    スパイス

    satori

『謝れるときに謝って 許せるときに許せるように』
プライドが邪魔して素直になれなかったあの頃の感情も、時と共に変化する。無理をして今謝ろう、許そうとするのではなく、そのときが来るように日々を過ごしてほしい、そのときが来ているのなら気づいてほしい。
曲名のスパイスは、そのまま食べると苦かったりクセが強かったりするが、煮込んで時間を置くことで必要な味になるという意味が込められている。許せなかったこと、謝れなかったことも人生のスパイス。
誰もが心に抱える不安定さや不完全さを否定せず、もどかしさを分かち合うような楽曲となっている。

過去ランキング

スパイス

iTunes Store • オルタナティブ トップソング • 日本 • 20位 • 2022年9月29日

アーティスト情報

pirisound

"