Untitleのジャケット写真

歌詞

Loserich (feat. mush)

HARZEY UNI

Hey,Bitch そんなんだから

テメーはBitch Loserich

ネガ撒き散らすだけならBeat it

忙しい人並みをかける今里の通り

横切るリーマンはなんか足取り重い

来週の事、内部事情報告

物足りなさそうなら塩胡椒少々

息苦しくなるぜ このストレス社会

費やした時間に追われて

見失ったマインド

どデカいリュック背負って

走り出したロードバイク

Uber eatsのランチを

少しつまみ食いし出す

用は鮮度が一番fresh

大事なデリバリー

周り回ったって

どれもそれも全て正解

なら流れに逆らわず

真っ直ぐに生きてけ

それが積み重ねたお前の

そのexperience

目の前の事から逸らせば

チャンスは遠のいて

次来るチャンスは

手にしにくいから目を凝らしな

霧が晴れた視界は鮮明

何か起こりそうな予感が

してるぜeveryday

Hey,Bitch そんなんだから

テメーはBitch Loserich

ネガ撒き散らすだけならBeat it

くだらない 1分持たない

仕方ない 上見てない

能力ない 決してそうじゃない

信じてない 授かった力

二つに割っても中身は空

なのにお前は蔑むのがお仕事

てか そんな奴ばっかの世の中

生まれるわけない おもろいことは

Hey,Bitch そんなんだから

テメーはBitch

生きることをやめたのと一緒

俺らの周りの空気濁る

Hey,Bitch そんなんだから

テメーはBitch Loserich

ネガ撒き散らすだけならBeat it

  • 作曲

    Ocean

  • 作詞

    HARZEY UNI, mush

Untitleのジャケット写真

HARZEY UNI の“Loserich (feat. mush)”を

音楽配信サービスで聴く

ストリーミング / ダウンロード

アメリカ音楽の旅から一転ホームレスになったり、各地のサイファーをめぐるチャリンコの旅、
「これならイケる…」そう思っていたクルーの活動休止。ハチャメチャな音楽人生?を送り、良い歳になって、ふと気づく。
若い頃描いていた大きな夢を忘れかけている自分に。
これからどうなるのか?焦りと不安の中で、もう1度自身の可能性を信じ、リリックを書き続けた。
客演にはTARO SOUL、高槻POSSEのJAB、地元のクルーSHRからMushなどをゲストに迎えて制作された。
哀愁を漂わせ、先行き不透明なこの社会の中で希望を探す彼の魂、全15曲収録されている。

アーティスト情報

  • HARZEY UNI

    HARZEY UNI プロフィール ニューヨークに渡り、バカでかいラジオを肩に担ぎ練り歩き、ストリートライブを行ったり イベントでのオープンマイクに乱入。 また日本に数あるサイファーをチャリンコで回る旅、いや苦行を敢行。 その後 UNIQONという1MC1DJ1MASCHINEスタイルのクルーで年間100本を超えるライブをこなし ライブコンテストでは数々の実績を残す。 アルバム「U to da N」とEP「Like」をリリース。 また地元は寝屋川市にて2017年から ブロックパーティー「寝屋川ほとりの文化祭」を主催。 地元のクルーSHRとともに行政を巻き込み、寝屋川市に貢献。 現在ソロとして活動。 HIPHOPを軸にREGGAEやJAZZ、ダンスミュージックなど多彩な音楽から影響を受け ソウルフルでメロディアスなフローを確立し、ジャンルに縛られず、自由な音源を製作。 それが支持され、徐々に活動範囲も広がり、着実にプロップスを得ている。 また2020年のコロナウィルスの影響により、ライブイベントがなくなっていく中 様々なアーティストを招き、スタジオライブを行う映像配信型イベント「Burning 36℃」をいち早く立ち上げ Youtubeにて配信。 持ち前のユニークなアイディアで道を切り開く彼の今後に要注意。

    アーティストページへ


    HARZEY UNIの他のリリース
  • mush

"