Sound Disturbancesのジャケット写真

Sound Disturbances

Maurizio Bianchi & Dissecting Table

トラックリスト

※ 試聴は反映までに時間がかかる場合があります。
※ 著作権管理事業者等が管理する楽曲は試聴できません。

この作品は、Maurizio BianchiとDissecting Tableのコラボレーションアルバム"Sound Disturbances"のプロモーションビデオです。ノイズは、常に混沌や混乱、雷や迷惑なものと同じであると考えられてきました。しかし、実際には、オーディオ信号に歪みを加えて相対的に変化させます。これにより、ノイズは、歪んだMaurizio Bianchi と騒音のDissecting Tableの最新のセンセーショナルなコラボレーションアルバム"Sound Disturbances"となってより直線性と一貫性を獲得します。洗練された耳のためのこの作品は、妥協のない歪みの助けを借りて非常に純粋なノイズを強化して、不穏な結果を達成します。

現在ランキング

Sound Disturbances

Apple Music • インストゥルメンタル トップミュージックビデオ • アメリカ • 128位

過去ランキング

Sound Disturbances

Apple Music • インストゥルメンタル トップミュージックビデオ • 日本 • 18位 • 2024年4月7日

アーティスト情報

  • Maurizio Bianchi

    マウリツィオ ビアンキの初期プロジェクトであるサッチャー ペルツは、レコードとターンテーブルを使って情熱と若い衝動により活動を開始しました。その後、マウリツィオ ビアンキは、シンセサイザー、リズムボックス、エコーマシン、その他の複雑な装置を使って活動を開始しました。デジタルツールを使うまで作品は、洗練されていましたが人間離れしていました。しかし、自発性と真正性は、色々な作品を作ってさらに興奮を受けながら変わらないままです。実験音楽の忠実なファンに心から感謝します。きっと、私が歩んだこの新しい芸術の道に、あなたも付いて来てくれるでしょう。

    アーティストページへ


    Maurizio Bianchiの他のリリース
  • Dissecting Table

    1966年生まれ。東京で1986年からDissecting Tableという名義でノイズインダストリアルミュージックの制作を開始して、1998年に、故郷の広島に戻り音楽活動している。主に自主レーベルUPD OrganizationとヨーロッパとアメリカのレーベルよりレコードやCD作品を発表してきた。初期、中期の作品は、シンセサイザー、サンプラーをシーケンサーで制御することで作品を制作していたが、2012年頃から、コンピュータでUSB接続デバイスから出力されるPWM信号を制御して音楽制作を行うようになる。現在は、独自のシンセサイザーシステムを開発しながら作品を制作している。

    アーティストページへ


    Dissecting Tableの他のリリース

UPD Organization, Meditation Records